1. ホーム
  2. 観光スポット
  3. 見どころ
  4. 亀ケ池

亀ケ池

大カニ伝説が残る

亀ヶ池は、加周池とも呼ばれ、県下最大の潟湖(せきこ)です。周囲約2km、面積10.2ha、最深12mにもなります。いつごろ池ができたかははっきりしませんが慶長年間(1596~1614年)までは、入海であったことが記録に残っています。波と一緒に打ち寄せられた土砂が、だんだんと積もり海をせき止められてできたものとされています。池の底には波止の跡が残り、古い時代には人が住んでいたお思われる形跡もあることから、陥没によってできた池ではないかという説もあります。また、「亀ヶ池の大ガニ」という伝説が残る池でもあります。 池の周囲は亀ヶ池農村公園として一部整備されており、芝生広場やビオトープがあり、生き物観察ができるようになっております。

その他 おすすめの観光スポット
メニュー