愛媛県伊方町観光サイト さだみさきナビ

四国最西端、
日本一細長い半島「佐田岬半島」からの
最先端観光まちづくり情報

体験する

  • 自然景勝地
  • 歴史的遺産・文化財
  • アウトドア 公園・海水浴場
  • 撮影スポット
  • 学習 資料館・体験施設
  • 道の駅
  • 観光イベント

cultural_heritage_title

一里塚(町指定記念物)

一里塚とは、大きな道路の側に1里(約4km)ごとに旅行者の目印として設置した塚(土盛り)です。塚の側には植樹されることもありました。日本では江戸時代、徳川幕府が制度として完成させました。
当地区にある一里塚も、宇和島藩によって築かれたものであり、二代藩主 伊達宗利 の命によって延宝元年(1673年)に黒松が植えられ、「一里松」と呼ばれるようになりました。1878年に枯死したことから、一里塚と改名されました。本町では、伊方浦川永田、九町浦九町三宝寺、二見浦加周の石神(佐市峠)にあったとされていますが、このうち川永田、九町三宝寺の二ヵ所を史跡に指定しています。
→Googleマップ
→Googleマップ②