愛媛県伊方町観光サイト さだみさきナビ

四国最西端、
日本一細長い半島「佐田岬半島」からの
最先端観光まちづくり情報

体験する

  • 自然景勝地
  • 歴史的遺産・文化財
  • アウトドア 公園・海水浴場
  • 撮影スポット
  • 学習 資料館・体験施設
  • 道の駅
  • 観光イベント

cultural_heritage_title

五輪塔(町指定有形文化財)

五輪塔とは、仏教でいう宇宙の構成要素を表したもので、上から順に、空輪、風輪、火輪、水輪、地輪が積み重なり、供養塔婆として平安後期ごろからみられます。浦安の妙楽寺の境内にある五輪塔数基があります。
ひときわ大きい花崗岩製の2基は、向かって右が寛永13年(1636年)に亡くなった近江国 長浜城主 佐々木六角承禎の曾孫で、佐々木六郎左衛門源義行(戒名:本登清覚禅定門)、左が寛文2年(1662年)に亡くなった妻 タノ(戒名:清宥妙森禅定尼)のものです。明確な記年名と戒名を記した五輪塔としては貴重な石造物です。

→Googleマップ